いやあ、まあね、知らない土地にくれば色々ありますよね。

地方へ移住することに熱い視線が注がれる昨今、誰もが通る道かと。

育った年代、環境が違う人間同士、全く同じ考えのわけないですからね。


大体、人が頭に来るときって 自分の想定していたこと、当たり前だと思ってたことと違うことが起きた時に頭に来ちゃうと思うんですよ。(そういう意味では怒りは戸惑いの一種かもしれませんね。)

そこで、怒っちゃうこともありますが、怒りの感情をそこに挟む前に現実が自分の想定と違っていたことに注目して下さい。

そして、その現実に対して自分がどういう態度、対処をするか決断できると後はその様に対応するだけで良くなります。つまり、その現実に対して自分の肚を決めると言うことです。

 そこまでくれば、怒る必要なんかなくなります。そして、その決断が早ければ早いほど怒りの時間は、なくなって行くのです。

怒りの感情は行動、創作へのエネルギーになる面もありますが、 時間を怒りに使うよりも明るい未来に使う方がいいでしょ!

僕の人生にはもう怒ってる暇なんかないですよ!